3 things I’ve learned since Interning in a Japanese VC(日本のVCインターンで学んだ3つのこと)

2017.01.27

Posted by Niya Sherif

KVPでグローバルインターンとして活動しているNiyaのブログです。
グローバルでスタートアップ支援を2年ほど行っており、3ヶ月半KVPでインターンをし、VCの中から見た日本のスタートアップエコシステムやグローバルとの違いなどに言及しています。

※英文を訳していますが、各パラグラフの下部に英文の原文を記載しています。

=================================

 

KVPに入社する前、わたしはSlush Tokyoを通じてスタートアップと共に働いており、そこで起業家になるために必要な多くのことを学んでいました。しかし、スタートアップと一緒に仕事をしている中で、そのエコシステムの中には様々な役割があることを知り、やがて投資とVCについて興味を持ち始めました。
VCでのこの3か月半のインターンを通じ、他国のVCの文化を調査・分析すること、国内VCから知識を得ること、起業家の方々とお話しする機会、そして成長過程にあるスタートアップのエコシステムについてより理解を深めること等のチャンスに恵まれました。

Before entering KVP, I worked closely with startups through Slush Tokyo (Slush Asia) and learned that it takes a lot to be an entrepreneur. However, there are many players within a startup ecosystem and after my time working with startups I eventually started to be curious about investing and VCs.
Having spent the last 3 and half months in a VC, I’ve had the opportunity to research and analyze international VC culture, learning from local VCs, talk to entrepreneurs, and develop an understanding about Venture Capital in a growing startup ecosystem

Startup Stock Photos

 

KVPで今まで学んだことを以下にまとめてみました。

1) VC:新たな視点

スタートアップの歴史が浅い国では、VC業界というものが何をしているのかわかりづらいでしょう。わたし自身も、VCで働く以前は常に下記のような疑問がありました。

・VCはどうやって人脈を作っているのか?
・スタートアップ企業とVCはどのように出会うのか?
・VC視点の投資のプロセスはどのようなものなのか?
・優れた投資家に共通するものとは?
・投資家がスタートアップに投資する決め手は?

そのほかにももっとたくさんの疑問がありました。インターンで価値ある経験をしたことで、新たな視点を持つことができ、少しずつVCの世界が分かってきました。

角度を少し変えて物事を見てみると、あやふやだった疑問がディスカッションの議題となります。

The VC: New Perspective
The VC world is a very mysterious place from the outside, especially in an country where the startup culture is young. Before working in a VC I have always been curious about several things:

How do VCs network?
How do they meet startups?
What does the process of investment look from a VC perspective?
What kind of skills are common in a good investor?
What makes an investor invest in a startup?

And many many more questions have always been circling around in my head. The experience and value I have gained have slowly opened up the VC world from a new perspective.

In fact, a step in a different direction has allowed the once uncertain questions to become topics of discussion:

 

・VCはどうやって人脈を作っているのか?
他の業界の人々と同じように投資家たちも関わり合いがありますが、投資家のネットワークは小さく、かつ多岐に渡るため、他業種の投資家と交わる機会は多いとは言えません。VC間のネットワークは、成功へのポイントになると言われています。ネットワーク自体は、投資家たちが、市場変動の可能性や次世代の起業家、そして資金パターンの変化におけるノウハウについての情報を得ることができるものです。人脈作りは、情報獲得、他者とのコンタクト、およびVC間での情報共有に役立つ重要な要素です。

How do VCs network? Investors network very much in the same way as anyone else, however because the networks of investors are small and diverse there isn’t much opportunity for different areas of investing to mix. It has been mentioned that a VC’s network is correlated to their chances of being successful. Networking itself allows investors to access information about potential market changes, up and coming entrepreneurs, and also know-how in changing funding patterns. The important thing is that networking helps facilitate information flow, other contacts, and resources between VCs.

 

・スタートアップ企業とVCはどのように出会うのか?
多様なつながりや、投資家の紹介、直接の問い合わせ、会議やピッチイベントなど様々です。彼らの人脈の範囲で、投資の機会を見つけるのです。つまり、VCのネットワークは、スタートアップや取引の見込みがありそうな機会を見つけるための要となります。

How do they meet startups? Through many different channels, investor introduction, direct inquiry, meetups and pitch events, etc. Through the reach of their network a VC can be introduced to investment opportunities. In other words, a VC’s network is important for connecting to startups and potential deal flow opportunities.

 

・VC視点の投資のプロセスはどのようなものなのか?
スタートアップとの最初の面談と、多くの調査を重ねた後、「リード」と呼ばれるVC内の案件担当者が動きだし、スタートアップはパートナー陣への決議を求める投資委員会の準備を始めます。その後何度か社内会議を開き、投資するか否かを討議します。

What does the process of investment look from a VC perspective? After an initial meeting with the startup and many follow ups the ‘lead’ (contact point in the VC) starts to work and prep the startup for a “committee” meeting where the startup must pitch to all partners. After which there are several internal meetings to discuss whether or not to invest.

 

・優れた投資家に共通するものとは?
先を見通す力、可能性のある市場の調査における研究能力、そして最も重要なことは将来の創業者を見極められることです。 (注:優れた投資家の要件はこの限りではなく、投資家のタイプは多種多様であることから、この疑問への回答は非常に難しいということがわかりました。その代わり言えることは、スタートアップは彼らのニーズにマッチした、彼らだけのVCを見つける必要があります。)

What kind of skills are common in a good investor? Perspective, research abilities in examining potential markets, and most importantly ability to identify future founders. (NOTE: this is far from everything that is needed in identifying a good investor, I have learned that this particular question is too hard to answer simply because there are many types of investors available. Everyone has their own experience background and perspective. So what I can say instead is, Startups need to find “their” investor, one that fits with the needs of the startup)

 

・投資家がスタートアップに投資する決め手は?
創業者とそのビジョン、そしてアイディアにおいて「誰がそれを実行するのか」、「誰が考えたのか」がその会社の成功を左右します(詳細は下記します)。
What makes an investor invest in a startup? The founder and his vision, the idea is yes important but ultimately its who drives and builds the idea that will determine its success ( I will come back to this in the next point)

 

さらに、わたしはVCに関して多くの発見をしました。VCは実績のあるビジネスモデルに常に目を配っています。日本のように、スタートアップのエコシステムが成長段階にある国においては、VCたちは未発見で革新的なものよりも、実証可能なビジネスモデルに基づいて問題を解決し、事業を構築できる人を探しているのです。革新的で、より「尖った」考え方にフォーカスしがちな国とは大きく異なっています。一方で、日本(だけではなくおそらくアジア全体)における起業家が、欧米諸国とは違う特有の問題を解決する事業ビジネスを創らなければならないということを意味します。そういった観点から、日本やアジアでにおけるスタートアップのイノベーションはどのように定義されているのか?また、アメリカやヨーロッパで見られるような事業の成功をおさめようとするとき、日本の文化は障壁となりうるのでしょうか? という疑問が湧きます。(個人的には、国内VCや国内起業家と接触するにつけ、この独自の文化が事業成功への意外なきっかけになるかもしれないと感じています。このことについては後日改めてブログでご紹介できればと思います。)

HOWEVER, there are more parts to the VC that I have uncovered. VCs seem to always look out for proven business models. VCs in growing startup ecosystems, like Japan, look for people to solve problems and build companies based on business models that can be proven rather than on more ‘unknown’ innovation. This is different then in countries that lean towards innovation and more ‘radical’ solutions. On the other hand, that means entrepreneurs here, in Japan and I would suspect in Asia, have to identify and create systems that solve problems that may not always be implementable in other western economies. Which begs the question, how differently is innovation in startup’s being defined in Japan, or Asia for that matter? And is culture a bigger barrier to achieving the same kind success as we see in the US and now Europe? (I am starting to feel that the more I surround myself with local VCs and entrepreneurs the more I believe that culture can be a hidden catalyst to success if utilized correctly…but that is a discussion for maybe a later blog ^_^)

Startup Stock Photos

 

2) 創始者:「完璧なピッチ」だけではない

この2年間、スタートアップとの仕事を通して「ピッチ」についてずいぶん詳しくなりました。いわゆる「完璧」なピッチは、明確で核心をついているものです。例えば、技術的な詳細を長く語るのではなく(もちろん、聞かれた場合には答えるべき)、製品がどのように革命的であるか、競合と比較しどれだけ優位性があるか、市場の需要をどれだけ創出できるかが重要です。
しかし、VCのインターンを経験し、私はピッチがいまだ重要であることに気付く一方、さらに大切なのは創業者、つまりアイディアの背後にいる人だと分かりました。

2) The Founder: Not just about “Pitching Perfect”
“The Pitch” is something I have grown very familiar with, since working with startups over the last 2 years. Helping them prepare the “Perfect” pitch had always been about being clear and to the point. Not so much on long technical details (unless asked of course) but more on how the product is revolutionary, stands out from the competition and will create a market demand. However, after being around VCs and playing for “the other team” I have noticed that the pitch is yes still important, but what draws more weight is the founder, the person behind the idea.

 

驚くことに、投資家はアイディアの内容より前にその人物に投資するのです。長期的に考えたとき、最高の創業者というものは、事業に対して高い意欲を持っており、事業を動かし、会社を築く能力を持っている人物だと投資家は理解しています。

It was a surprise but investors often invest in people before the idea. In the long term, they understand that the best founders have the ability to build a company that is motivated and driven to succeed.

 

言い換えれば、創業者の行動・性格・歴史・資質などは、多くの場合投資家が最終決定をくだす際に注視するものです。意欲があり、ビジョンを持ち、チームを正しい方向に導くことができる起業家は、継続性のあるビジネスを構築するための鍵となります。

In other words, the founder’s behaviour, personality, history, and qualities are often what investors look at when making that final decision. An entrepreneur who can motivate, have vision and steer a team in the right direction is the key to building a business that can survive

Startup Stock Photos

3) 出資以上の役目

ただの投資家以上の存在であること。投資家は、スタートアップのエコシステムを育成し、刺激する上で非常に重要な役割を果たします。そのため、資金以外の面においても協力できる投資家は、投資したベンチャー企業だけでなく国内スタートアップ全体のエコシステムに対して貢献していると言えます。そのため起業家は、投資家に対しファイナンス支援だけでなく、パートナー/メンター/アドバイザーとしての支援も進んで受け入れるべきです。
これは、求める人材を獲得するため、投資家に期待しているスタートアップにも通ずる話です。つまり投資家もまた、優れた人材を見つけてベンチャー企業を成長させるための手段となるのです。

3) More than Money

Being more than just an investor. Investors play a very critical role in fostering and stimulating the startup ecosystem. Therefore, a VC that can provide more than just money, is providing more to their portfolio company and in turn their local startup ecosystem. Startup founders should look not only for financial support from their investors but also for partners, mentors and advisors.

This has also extended out to startups looking to their investors for help in reaching out to the right missing talent. In other words, investors are also becoming a gateway for finding good talent to help build and grow their portfolio companies.

 

スタートアップ文化が成長していく中で、VCの発展が日本のスタートアップのエコシステムの未来を形作ることを、私は楽しみにしています。
With a growing startup culture, I look forward to witnessing how the developing VC culture will shape the future of Japan’s startup ecosystem.

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加