クイズでお金儲け? 元Vine創業者が手がけるHQ triviaアプリとは?

2017.10.26

こんにちは!昨日もブログ記事をリリースしたインターンのエレナです!

今回はVineのファウンダー (主にCEOのRus Ysupov) たちの新しいアプリ、HQを紹介したいと思います!(今後バズること個人的に期待しています!)

“Jeopardy!”、 ”Who wants to be a billionaire?”と言う番組は聞いたことあるでしょうか?日本でも有名番組で使われたフレーズで社会現象にもなったくらいです。(みのもんたが「ファイナルアンサー!?」と言っている映像は頭に浮かぶでしょう、そう、その番組です。)

クイズ番組は世界的に愛され、年代を超えてテレビをつければ誰もが見る番組、しかし近年はテレビ視聴者も減り、クイズ番組も右肩下がりです。その現状をVineのファウンダーはとらえ、クイズ番組をバズらせよう!世代問わず家族全員で楽しめるサービスが欲しい!と言う意気込みで作ったのがこのアプリ、HQです。

このアプリは単純にいうと「ライブビデオ+クイズ番組+アプリ」を一つにしたもので、ゲームのリリースは今年の8月末であり、じわじわユーザーが増えていく感じでしたが今週の24日の段階でユーザー数が5000人弱で今朝私が参加した時は16,083人で、2日前のなんと、3倍以上でした!(昨日メディアに取り上げられた影響だと思われます)

もちろん今までクイズ系のアプリは存在しましたが、ライブ、質の高いデザインUI、パンチのある司会、PayPalでのシンプルなインセンティブの設計、金銭のオンライン化が立ち上がってきたリリースタイミングなど、ポジティブな要素が組み合わさり、今後の拡大が楽しみなサービスです。

auto

欠点があるとすれば現状ライブでしか視聴できないことでしょうか。ライブなので Eastern Timeのpm3時とpm9時にしか参加できなく、その時間を超えると次の回を待つしかありません。

しかし、そこはテレビ番組も同じで、見るだけなのに時間が決まっており、しかも参加できない。そう考えると、HQはユーザーが参加でき、ライブ進行と同時に楽しめてしかも賞金もらえる可能性があるとすると1日2回にしか参加できないことは小さな欠点と捉えられるのではないかと思います。(もちろん今後クイズの開催数を増やしてくると思いますし、逆に少ない回数でコミュニティの熱量を高められてるとも思います。)

ゲーム自体の形式は時間と同時にオープン、12問を各10秒で答えなければいけません。

質問と同時に、ライブチャットが開かれ、参加者がつぶやいたりしていますが邪魔になるようだったら右スワイプで隠すことができます。

マネタイズに関しては、広告は掲載しない予定で、先週の日曜日はスポンサー付きのライブ発信をし、賞金も高く出せたとCEOのYusupovは各メディアにコメントしていました。因みに今日の質問の一つはVineに関してだったので、送客などにつなげられるかを図っているのではないかと思わされました。

今後は番組スポンサーやネイティブ広告を利用した質問や、質問間での広告などを検討しているらしいですが、まず最初はベースユーザーを増やし、熱量高いコミュニティを作ることが優先かと思います。今後はどうスケールしていくかわかりませんが、TBH(先日Facebookに買収された)同様、いつ大手に買い取られるかは誰もわかりません。

このアプリはバズるだろうという予想を込めて今回KVPではゲーム内容のビデオを撮ってみました!

via GIPHY

via GIPHY

via GIPHY

このアプリの紹介ビデオや私のユースビデオ(gif)を見て感じると思いますが、非常にハマりやすいです。質問は幅広く、豆知識などが多いため、クイズ番組が好きな方なら絶対気に入ると思いました(英語できる方は、ぜひ試してみてください!)。

ボーッとしたり気をとられて一度間違えたりすると続けられないので、とても悔しい思いをしますが、そのせいでもっと続けたいと思わせるところは上手です。

司会の人は朝が苦手な私にはハイテンション過ぎましたが確かにパンチがあり、聞いていて面白いです。iOSだけなのでAndroidがでるのが待ち遠しいです!今後の展開が非常に楽しみなサービスでした!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加